フィートインデザイン インソールの機能と効果

足のしくみ

足は優れた機能を持った第二の心臓です。

index_img01.jpg足は52本の骨(人体の骨の1/4が足です)、66の関節、214の靭帯、38の筋肉により形成されており、それらが相互に機能することで驚くほどの能力を発揮します。
全身の3%しかない体積で、97%もある身体を支えているだけではなく、過酷なスポーツなどに要求される推進力や制動力を生み、強い衝撃も吸収しているのです。また足は、歩くときの地面を踏む、足を上げる時の筋肉の収縮弛緩により、血流を上に押し上げる、ポンプ効果が起きるため第二の心臓といわれています。

それがゆえに足には驚くほどのストレスがかかっており、また、内側や外側に倒れやすい構造のため、足本来の機能が発揮できず、疲れや怪我、痛み、運動能力の低下などの原因になっています。

index_img06.jpg

また建築物で基礎が大事なように、身体の基礎(足のアーチ)が崩れると、足の機能を阻害するだけでなく、身体全体のバランスの低下や骨格のゆがみを生み、転倒や怪我を誘発するなどのリスクも誘発してしまいます。

index_img02.jpg

足の健康と安全

現代社会においても非常に重要なキーワードです。身体の全体重が荷重される足には驚く程のストレスがかかるため、常に安全で機能的なポジションでいることが重要です。

私たちの足は建物で言えば基礎工事と同じです。基礎(足のアーチ)が崩れると、足の機能を阻害するだけでなく、上半身を支える際の身体バランスの低下が懸念され、さらには転倒や怪我を誘発するなど、様々な原因となります。

荷重時の足元の骨格の歪みはこれらの本来足が持っている機能を妨げる要因となります。私たちの足は立っているだけで足底の局所(カカト部、指の付け根部)に圧がかかりやすい特徴を持っています。肥厚した皮膚がある場合は、そこにかかる圧は通常よりも30%上昇します。

足病医学協会の統計では、人口のおよそ4人に3人が一生のうち最低1度は深刻な足の悩みを経験すると伝えています。

 


医学から生まれた健康のためのインソール

スクリーンショット-2011-11-09-15.16.jpg
フィートインデザインは、この足にかかるストレスや構造上の問題を改善してくれるのが、骨格を補正する機能をもったインソールを提供しております。

LinkIconフィート・イン・デザイン商品紹介ページへ